ライティングで文字販売をする

立ちながらライティングする男

副業に慣れてきたら、すこしずつ収入のアップを目指していきましょう。この収入アップに最適なお仕事となっているのが、ライティングです。

ライティングの副業は非常に多くの数が存在しており、その幅も非常に広い特徴があります。

実際にやることは、簡単なレビューの投稿から、難しいものだと数万文字の記事作成が必要になります。

基本的には、ライティングする文字数の多さに比例して収入が上がっていきます。とはいっても、最初から難しいものを選択してしまえば初級編でもお話したように難しいでしょう。

最初は、文字数の少ないものから徐々に慣れていき、ライティングで作る文章の品質向上を目指しながらスピードを上げていく。特にライティングに関しては、作成を進めれば進めるほど品質が上がったり、スピードが上がったりするので、成果も目に見えて出てきます。

ライティングのコツ

ライティングのお仕事は幅が広く数も多いので、自分が得意としていることのライティングからスタートするのがポイントです。何もわからないようなことに対してのライティングは非常に困難ですし、難しいです。

しかし、得意なことであれば考える間もなく書きたいことを書けるでしょう。

ですから、最初はやりやすいものから無理のないように進めていきましょう。特に、ライティングのクオリティ面に関しては報酬が上がると、一気に跳ね上がったりすることもあるため、注意が必要です。

また、ライティングを依頼する企業によってもクオリティのラインが違っているということもあります。そのため、様々なライティングに取り組みながら自分が作成できる文章のクオリティに適したものを進めるということも重要になってきます。

自分が作れるものよりも高いクオリティが求められるものの作成を行い、文章クオリティの向上を目指すということも可能ですが、その場合、思うように収入を得ることができなくなってしまうこともあるので、収入とクオリティの向上のバランスを考えながら副業を進めていくことが大切です。

ライティングの技術は沢山文章を書くということも大切ではありますが、外から文章を取り入れるということも必要になります。小説や雑誌、ウェブサイトの記事などを読むことによって、様々な表現方法や、なぜここはこのように表現しているのかといったことを考えるようにするだけでも、自分が作成する文章のクオリティ向上につながることもあります。

様々な文章を読むことによって単純に表現の幅を広げるといった効果も期待することができるようになるので、普段から様々な文章を読むというのはライティングを行う上で、非常に大切になるのです。